Junior Golf Academy of Japan

   

ジュニア ゴルフ、ゴルフ英語指導、エチケット


Overseas Colleges

海外の大学について


大学にいっても自分のゴルフキャリアを続けたいジュニア達をアシストします。アメリカには奨学金あり、またなしでのプログラムがおよそ 1,200 の大学またコミュニティ ・ カレッジ(短大)に存在します。進学希望のジュニア達にもさまざまな情報を得られる場を提供します。例えば・・・




  • 大学でもゴルフをプレーしたい生徒のためのチャンスは数多くあります。その活用の仕方。
  • 大学を検討する際のガイドライン、入学に必要な資格、
  • 自己アピールまた奨学金申請の手紙の書き方等。
  • 新しい NCAA の規定と現在・そして未来の学生アスリート
  • 達への影響について知ること。
  • キャンパスを訪問する重要性。
  • 経済的援助が必要な場合、その資格について。
  • どのレベルでの大会に参加するに関わらず、大学でのゴルフ
  • 経験を最大限楽しむには。
  • 大学入学の試験においてしっかり準備して申請するため、高校在学中から時間をかけて試験・カウンセリングに望み、計画すること。
  • ゴルフにおいて、また学業においての自分の能力を見極め、 一致する 学校を数校しっかりと探す。
  • 大学のコーチに自分を最大限にアピールすること。
  • まだ進学先が決定していない場合には、ゴルフ履歴書の書き方や自己アピールの仕方について。
  • インタビューの受け方やコーチとのミーティングについて。


カレッジゴルファー達のレベルは幅広いことを、まず覚えておいてください。最高レベルのプレイヤーであればアンダーパープレイヤーです。ただし、大学のゴルフチームに所属するプレイヤーやの中には男子でも平均のスコアは 80より上、また女子で平均90 ~ 100のプレイヤーもいます。


ゴルフ奨学金やもしくはゴルフ以外での奨学金を獲得するのに、ハンディなしのゴルファーである必要はありません。最も必要なのは大学に通い、在学しながらゴルフを続けたいしたいという強い意欲です。